時計 / Clock

目覚まし時計

さまざまな形態に進化してきた時計。
最初は太陽、水、砂など、自然を利用して時計とした。



<時計について>

人類と時計の関りはとても古くからあります。


古代エジプトでは木の棒を地面に立てた日時計を使用していました。
太陽によってできる影の位置で時間を計る時計です。

 

やがて、太陽が出ていいないときにも時間が分かる時計が考え出されていきました。
水時計、火時計や砂時計です。
日本では671年に天智天皇が時報を行うために使用したものも水時計です。

 

正確に時間を計測できるようになったのは、1300年頃です。
重りを動力とする機械時計が誕生し、後にゼンマイ式の小型時計へ発達していきます。

 

日本へ機会時計とその技術が伝来したのは1551年です。
スペインの宣教師フランシスコ・ザビエルが、周防の大名であった大内義隆に贈った品々の中に機械時計があったといわれています。

 

 

参考文献:
『知って びっくり! もののはじまり物語』 汐見 稔幸 (監修) 学研マーケティング


参考サイト:
セイコーミュージアム(https://museum.seiko.co.jp/)



スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめフリーイラスト素材

  1. ビール

    乾杯 / Toast

  2. セリ(芹)

    芹乃栄(せりすなわちさかう) <七十二候>

  3. ボールペン

    ボールペン / Ballpoint pen

  4. アイスティー

    アイスティー / Iced tea

  5. アロマテラピー(精油)

    アロマテラピー / Aromatherapy

  6. スーツケース

    スーツケース / Suitcase

  7. サヤエンドウ(莢豌豆)

    サヤエンドウ(莢豌豆) / Podded pea

  8. キッチン栽培(台所栽培)

    台所栽培 / Kitchen gardening

  9. プリン

    プリン / Pudding

  10. ハーブティー(ハイビスカスティー)

    ハイビスカスティー(ハーブティー) / Hibiscus tea(Aromatherapy)

  11. スコーン

    スコーン / Scone

  12. 洋ナシ

    洋ナシ(洋梨) / Pear

  13. コンペイトウ(金平糖)

    コンペイトウ(金平糖) / Kompeito

  14. ノートの切れ端

    紙 / Paper

  15. クリ(栗)

    クリ(栗) / Japanese chestnut

イラスト藍花(AIKA)の姉妹サイト
イラスト緑花(RYOKKA)でもイラスト紹介中
イラスト緑花バナー

スポンサーリンク
  1. コラージュ

    コラージュ / Collage

  2. 海辺のスイセン(水仙)

    大寒(だいかん) <二十四節気>

  3. フキノトウ(蕗の薹)

    款冬華(ふきのはなさく) <七十二候>

  4. おにぎり

    おにぎり

  5. ロウバイ(蝋梅)

    雉始雊(きじはじめてなく) <七十二候>

  6. 雪景色

    冬の美しい日本語5選

  7. スキー場

    スキー記念日

  8. フクジュソウ(福寿草)

    水泉動(しみずあたたかをふくむ) <七十二候>

  9. 七草粥(春の七草)

    春の七草 / Seven vernal flowers

  10. 雪景色

    小寒(しょうかん) <二十四節気>

  1. 野球(甲子園球場)

    「栄冠は君に輝く」

  2. マカロン

    マカロン / Macaron

  3. シマリス

    シマリス(縞栗鼠) / Chipmunk

  4. ネリネ

    ネリネ / Nerine

  5. ヒマワリ(向日葵)

    ヒマワリ(向日葵) / Sunflower

  6. 三日月

    月 / Moon

  7. プリン

    プリン / Pudding

  8. 紫色のクレマチス

    クレマチス / Clematis

  9. フジ(藤)

    フジ(藤) / Japanese wisteria

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31