チョコレート / Chocolate

チョコレート

チョコレート。世界の人々を魅了し続ける食べ物。
中南米で薬として飲まれ、ヨーロッパでお菓子として開花した。

 

<チョコレートについて>

お菓子の王様、チョコレート。カカオ豆を原料とする食品でです。

 

カカオ豆の原産地は中南米で、薬として珍重されていました。
もともとは飲み物として始まりました。


初めてカカオ豆と会ったヨーロッパ人は、コロンブスです。
チョコレートをヨーロッパに持ち帰ったのは同じスペイン人の冒険家エルナン・コルテスで、国王カルロス1世に献上しました。


スペインの修道院では、砂糖を加えて飲みやすくする工夫がされました。

 

チョコレートが飲むものから食べるものに変化したのは、19世紀です。
オランダのヴァン・ホーテンがカカオ豆に含まれているココアバターを取り出すことに成功しました。


ココアバターとは、室温で固まる油脂です。
カカオ豆の故郷である熱帯地域では固まらず、温帯でないと食べるチョコレートは作れません。


このヴァン・ホーテンの発明によって、イギリスの薬局経営者が固形のチョコレートを作り出しました。


さらにチョコレートを進化させた国はスイスで、ミルクチョコレートが誕生しました。

 

 

参考文献:
『カカオとチョコレートのサイエンス・ロマン』 佐藤 清隆 (著), 古谷野 哲夫 (著) 幸書房
『チョコレートの世界史』 武田 尚子 (著) 中央公論新社
『フランス菓子図鑑』 大森 由紀子 (著) 世界文化社

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめフリーイラスト素材

  1. ボールペン

    ボールペン / Ballpoint pen

  2. マスキングテープ

    マスキングテープ / Masking tape

  3. みたらし団子

    みたらし団子 / Mitarashi dango

  4. シソ

    シソ(紫蘇) / Shiso

  5. シイタケ(椎茸)

    シイタケ(椎茸) / Shiitake mushroom

  6. ラズベリー

    ラズベリー / Raspberry

  7. トウモロコシ

    トウモロコシ / Corn

  8. ミルフィーユ

    ミルフィーユ / Mille-feuille

  9. どら焼き

    どら焼き / Dorayaki

  10. 自転車

    自転車 / Bicycle

  11. スーツケース

    スーツケース / Suitcase

  12. 花見団子

    花見団子 / Hanami dango

  13. ホウレンソウ

    ホウレンソウ / Spinach

  14. 定規

    定規 / Ruler

  15. ナス(茄子)

    ナス(茄子) / Eggplant

イラスト藍花(AIKA)の姉妹サイト
イラスト緑花(RYOKKA)でもイラスト紹介中
イラスト緑花バナー

スポンサーリンク
  1. キンギョ(金魚鉢)

    キンギョ(金魚) / Goldfish

  2. 黒板(教師)

    黒板 / Blackboard

  3. ハーブティー(エキナセア)

    エキナセア / Purple coneflower

  4. 水道水

    水の日

  5. ポーチュラカ

    ポーチュラカ / Portulaca

  6. 青空と白い雲

    雲 / Cloud

  7. 湿原(ニッコウキスゲ)

    湿原 / Bog

  8. ゴーヤー

    ゴーヤー / Bitter gourd

  9. 洋ナシ

    洋ナシ(洋梨) / Pear

  10. 団扇(うちわ)

    団扇(うちわ) / Japanese fan

  1. 野球(甲子園球場)

    「栄冠は君に輝く」

  2. マカロン

    マカロン / Macaron

  3. シマリス

    シマリス(縞栗鼠) / Chipmunk

  4. ネリネ

    ネリネ / Nerine

  5. ヒマワリ(向日葵)

    ヒマワリ(向日葵) / Sunflower

  6. 三日月

    月 / Moon

  7. プリン

    プリン / Pudding

  8. 紫色のクレマチス

    クレマチス / Clematis

  9. フジ(藤)

    フジ(藤) / Japanese wisteria

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031