ウメ(梅) / Ume

ウメ(梅)

奈良時代の頃はサクラよりも愛されていたウメ。
当時は花見といえばウメの花だった。

 

<ウメ(梅)について>

奈良時代、ウメはサクラ以上に人気がありました。
『万葉集』ではサクラを詠んだ歌は約40首、ウメは約120首です。
当時「花見」と言えば、サクラではなく、ウメでした。


ウメは、遣隋使又は遣唐使によって中国から日本に持ち込まれたとされます。
日本人にとって羨望の国だった中国で、寒い中に咲くウメを尊んでいて、中国文化の影響を受けた日本の貴族たちも、ウメの花を愛でていました。


遣唐使の廃止により、日本独自の文化が発展し始めてからは、古くから自生していたサクラに注目が集まるようになりました。
古今和歌集では、サクラの歌がウメの歌の数より多くなり、ウメはサクラに逆転されてしまいました。

 

 

別名 コウブンボク(好文木)、ハルツゲグサ(春告草)、コノハナ(木の花)、ムメ
学名 Prunus mume
英名 Japanese apricot
分類 バラ科サクラ属(アンズ科)
開花時期 2月~3月
花言葉 「高潔」「忍耐」「忠義」

 

参考文献:
『徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか』 稲垣 栄洋 (著) 東洋経済新報社
『江戸の園芸』 青木 宏一郎 (著) 筑摩書房

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめフリーイラスト素材

  1. ネリネ

    ネリネ / Nerine

  2. デュランタ

    デュランタ / Golden dewdrop

  3. ジャーマンアイリス

    ジャーマンアイリス / German iris

  4. ジェンツーペンギン

    ジェンツーペンギン / Gentoo penguin

  5. ネコ(猫)

    猫の日

  6. ロウバイ(蝋梅)

    雉始雊(きじはじめてなく) <七十二候>

  7. ウグイス(鶯)

    黄鶯睍睆(うぐいすなく) <七十二候>

  8. シュガーバイン

    シュガーバイン / Sugarvine

  9. サクラ(ギョイコウ)

    ギョイコウ(御衣黄)

  10. ダンツツジ(燈台躑躅)

    ドウダンツツジ(燈台躑躅) / Doudan-tsutsuji

  11. ウサギ(兎)

    ウサギ(兎) / Rabbit

  12. クリスマスローズ

    クリスマスローズ / Christmas rose

  13. クロッカス

    クロッカス / Crocus

  14. 樹木

    木と草の違い / Tree and grass

  15. オオシマザクラ(大島桜)

    オオシマザクラ(大島桜)

イラスト藍花(AIKA)の姉妹サイト
イラスト緑花(RYOKKA)でもイラスト紹介中
イラスト緑花バナー

スポンサーリンク
  1. ジャーマンアイリス

    ジャーマンアイリス / German iris

  2. お茶漬け

    お茶漬けの日

  3. タケノコ

    竹笋生(たけのこしょうず) <七十二候>

  4. ロサ・ガリカ

    ロサ・ガリカ / Gallic rose

  5. モッコウバラ(木香薔薇)

    モッコウバラ(木香薔薇) / Banksia rose

  6. 発芽(双葉)

    蚯蚓出(みみずいづる) <七十二候>

  7. テリハノイバラ(照葉野茨)

    テリハノイバラ(照葉野茨) / Memorial rose

  8. バラ(薔薇)

    バラ(薔薇) / Rose

  9. ノイバラ(野茨)

    ノイバラ(野茨) / Multiflora rose

  10. カエル(蛙)

    鼃始鳴(かわずはじめてなく) <七十二候>

  1. 野球(甲子園球場)

    「栄冠は君に輝く」

  2. マカロン

    マカロン / Macaron

  3. シマリス

    シマリス(縞栗鼠) / Chipmunk

  4. ネリネ

    ネリネ / Nerine

  5. ヒマワリ(向日葵)

    ヒマワリ(向日葵) / Sunflower

  6. 三日月

    月 / Moon

  7. プリン

    プリン / Pudding

  8. 紫色のクレマチス

    クレマチス / Clematis

  9. フジ(藤)

    フジ(藤) / Japanese wisteria

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031